結婚披露宴のドレス選び

女性にとって一生で一番の晴れ舞台と言えば結婚式・披露宴です。

自分が主役の晴れの日に着るドレスは、吟味に吟味を重ねて選びたいところです。

ゲストにとっても花嫁の衣装は注目の的であり、楽しみにしている方も多いのです。

似合うドレスを素敵に着こなして、最高の結婚披露宴にしましょう。

何着が妥当?

せっかく一生に一度の特別な日だから、思う存分ドレスや着物を着たい!

という願望のある方も少なくないでしょう。

しかし、披露宴は時間に限りもあり、また、長引くとゲストにも良い印象を与えません。

度を超えたお色直しの回数は、どんなに余興を挟んでも疲れてしまう物です。

ゲストが最後まで楽しかったと思って帰れるように、
お色直しは常識的な回数で行うのがベターでしょう。

基本的に、お色直しは1回から2回です。

結婚式の時の衣装に始まり、カラードレス・色打掛等を着る方が多いようです。

挙式は白無垢、お色直しはウェディングドレスという場合もあります。

また、衣装自体は変えずに、小物や髪型やアクセサリーでお色直しする場合もあります。

お色直しをするかしないかは自由ですが、ゲストの気持ちを考えた時間配分をしましょう。
こちらの、結婚披露宴のお色直しを削減の解説も是非ご覧になってみてください。

デザインやカラーの選び方

ドレスのデザインやカラー選びは、ポイントをおさえていないと中々難しいものです。

基本的に、ご自身がコンプレックスだと思っている部分を
カバーしてくれるタイプを選ぶと良いでしょう。
こちらのサイトでも、結婚披露宴で着るウェディングドレスの種類について解説していました。

【顔の輪郭】
丸顔…顔・首回りをスッキリ見せてくれるタイプが良いでしょう。Vネックなど
面長…ハイネックの衣装でバランスが良くなります。

【二の腕】
二の腕が気になるという女性は多いものですが、
部分的に隠すというのがポイントです。

全体を隠す必要はなく、袖の形次第で短い袖でもOKです。

【身長】
身長が低い…ハイウエストのタイプでバランスが良くなります。
身長が高い…スレンダーなラインで裾が広がっているタイプが似合います。

それぞれの体型に合ったデザインは必ずありますので、 ポイントをおさえて探していきましょう。

カラードレスの色は、お肌の色や会場のセットの色と併せて考えておくと良いでしょう。

また、中々できない和装も人気です。

ヘアアレンジや和装のデザインも豊富になっているので、
似合う物を見付けることが出来るでしょう。
こちらに、ゲストの結婚披露宴に来ていく衣装について解説しているサイトもありました。

レンタル?購入?

結婚式や披露宴の衣装はレンタルにするか購入にするか悩むところです。

レンタルでも費用はそれなりに掛かりますので、
いっそのこと購入しようと思う方も多いのです。

購入する場合は、以下から選べます。

【既製品】
販売されている衣装をそのまま購入してそのまま着用します。

サイズも何種類かあるので、
気に入ったデザインやピッタリのサイズがあれば一番お手軽です。

【セミオーダー】
あらかじめ用意されたデザインの中から選び、サイズを花嫁に合わせて作ります。

デザインのアレンジも可能です。

【フルオーダー】
デザインからすべて作っていきます。

まさに世界に一点だけのドレスです。

オーダーになると金額が気になるところですが、
10~30万円程度と意外と手の届く値段なのです。

置き場所に困らないようにパックしてくれるサービスも多く、
自分の衣装があるととても便利です。

オーダーの場合は4ヶ月以上は掛かりますので余裕をもって準備しましょう。
こちらのサイトでも、結婚披露宴の新郎の衣装についてはこちらの解説サイトを参考にしてみてください。

Copyright© 2013 Solution wedding reception All Rights Reserved.