結婚披露宴の料理スタイル!

ゲストが結婚披露宴でもっとも楽しみにしていると言っても過言ではないのが『料理』です。

そしてゲストからの正直な評価を受けやすいのもお料理です。

結婚披露宴経験者の中にも、食事でのおもてなしに関する失敗談が多く、
慎重に選びたいところはないでしょうか。

ゲストへのおもてなしの心が率直に表れるお食事選びを成功させて、
新郎新婦も含め、みんなが楽しめる披露宴を目指しましょう。

洋食

披露宴で選ばれることの多いのが洋食のコース料理です。

もちろんナイフやフォークを使って食事をしますので、
ご年配のゲストがいる場合は、お箸を用意したり、食べやすそうな料理をお出ししましょう。

せっかく来ていただいたのに、食べられるものがないと言う状況は、
おもてなし出来ていないのと同じです。

しっかりと全体が楽しめるメニューにしましょう。

ビュッフェ

好きなものを好きなだけ選んで食べられる
ビュッフェスタイルは人気が上昇しています。
パーティースタイルの結婚披露宴に多いそうです。

基本的に立食ですが、着席でのビュッフェもあります。

好きなものを選んで食べられるのは良いのですが、
若い人以外にはあまり受けが良くないようです。

ある程度年齢が上の方になると、『ブッフェ=節約・簡単』というイメージの方もいますので、
ゲストの年齢層を考えて、若い方ばかりならブッフェ、
年配の方もいるならコースや和食というようにした方が良いでしょう。

和食

お膳が用意されている和食は、年配の方にも人気です。

お箸で食べられるというのはやはりリラックスできて味を楽しむことが出来ます。

ただし、洋食と同等の見栄えを考えるのであれば、コストは掛かるかもしれません。

また、和洋折衷のコース料理もありますので、
和洋折衷のコースであれば、ゲストの年齢層などから考えてもバランスが取りやすいので人気です。

中華

意外とゲストからの人気が高いのが中華です。

大皿での提供もありますが、コース風に提供される中華もあります。

しっかりと結婚披露宴という席を考えての盛り付け・味付けがなされた中華です。

お箸で食べることができ、中華の高級食材は日本人にも良く知られていますので、
意外かもしれませんが好評なことが多いようです。

大皿提供なのかコース形式なのかは、会場でしっかり確認しましょう。

好き嫌い・アレルギー

食べられない食材やアレルギーに関しては事前に確認しておきましょう。

確認方法は、招待状と一緒に記入して返信してもらうのが一番です。

誰に何を出してはいけないのか、誰の食材を変更すればよいのか確認しやすく、
ゲストとしても直接伝えるより言いやすいでしょう。

また、デザートを楽しみにしている方は女性に限らず多いので、
デザートで気を抜くことがないように注意しましょう。
こちらのサイトwww.ihncleveland.orgにも、テーブルコーディネートなど、役に立つ情報が満載です。ご覧ください。

Copyright© 2013 Solution wedding reception All Rights Reserved.