引き出物選びのポイント!

結婚披露宴の引き出物選びは一番悩むところかもしれません。

実際に結婚式・披露宴にゲストとして参加したことがある方の中には、
『これをもらっても困る…』『ご祝儀に見合っていない…』
などと感じた経験のある方も多いのです。

心を込めて選んだつもりが、ゲストに迷惑をかけていたという結果にはなってほしくないものです。

最近の引き出物事情や、喜ばれやすいギフトをご紹介していきます。
また、こちらのサイトでは結婚披露宴で配るドラジェとプチギフトを紹介していました。

嬉しい引き出物

引き出物の中には、『メインのギフト』『伝統的なギフト』『引菓子』を添えて贈ります。

メインのギフトや添えたギフトを『がっかり…』と思わせないためには、
性別や年代・立場(既婚・未婚・会社の上司など)ごとにギフトを変えて贈ると良いでしょう。

例えば、独身の方に大勢で使うようなものを贈ってもあまり喜ばれません。

また、男性に花柄の食器を贈っても喜ばれることは少ないでしょう。

ご祝儀を多く包んでくれることが分っている方には、少し奮発してギフトを準備しても良いでしょう。

ケースバイケースで臨機応変に贈り物選びをすることが喜ばれる秘訣です。

そういう点で、カタログギフトも人気が上昇しています。

また、引き出物以外にも、『プチギフト』と言って、
キャンドルサービスの際やお見送り時に手渡すギフトがあります。

これにはボンボニエールやドラジェ、入浴剤、ハンカチなど
ちょっとしたお土産という感じのものを贈ります。

センスの良いギフトを贈ると、ゲストから問い合わせの連絡が来たりするそうです。

そうなれば引き出物選びは大成功です。

困った引き出物

貰っても困ると思われるようなギフトは贈らないように気を付けましょう。

『喜ばれるものが贈りたいもの』という感覚で選ばないと、
ただの自己満足の無駄遣いになってしまいます。

例えば、ほぼ満場一致で困ってしまうのは、
新郎新婦の写真・名前・結婚記念日などの入ったギフトです。

食器や写真立てなどの場合、使う気にもなれず、処分もし辛いという理由で
喜ぶ人は少ないと考えた方がいいでしょう。

また、あまりにも自分の趣味が出すぎている物は、
人によっては使い道が見いだせないこともあります。

中身はともかく、重すぎて持ち帰るのが大変という方も多いようです。

金額相場

引き出物はご祝儀の金額によって変えることもあります。

例えば、友人ですと3万円のご祝儀が一般的です。
その場合は3000円~5000円程度の引き出物+αというケースが多く、
親族や上司など、それ以上の金額の場合は、
6000円~10000円程度の引き出物+α
というようにほぼ確実な予想ができる範囲で金額を変えることがあります。

ただし、注意しなくてはならないのが、
同じ立場の方の引き出物は価格や品数に差をつけないという事です。

同価格・品数で、男女違う物を贈るくらいでしたら気遣いとしてしたほうがベターでしょう。
こちらのサイトでも、結婚披露宴の記念品について解説していました。是非こちらもご覧ください。

Copyright© 2013 Solution wedding reception All Rights Reserved.