結婚披露宴のゲスト

結婚披露宴の会場や日取りも決まり、いよいよゲストに招待状を出します。

しかし、招待状の出し方やマナーに関する知識がないと、思わぬ失礼をしてしまう可能性があります。

もしもあまり良くない招待状を送ってしまった場合、欠席者が増えることも実際にあります。

招待状の出来でどのような披露宴になるか予想されてしまいます。

ゲストにとって招待状は、それほど重要なポイントなのです。
こちらのサイトでは、結婚披露宴の招待状の製作について詳しい解説をしていました。

招待状を出す時期や、マナーまでご紹介いたします。

いつまでに招待状を出す?

招待状は、基本的に2か月前には出しておきましょう。

席の準備や料理の準備の都合上、そのくらいの余裕をもって発送しておかないと
返信が遅れた場合に対応できません。

招待状のマナー

招待状を出す前に、結婚が決まったことや招待状を出しても良いかなどの確認の連絡をしましょう。

急に招待状が届いた場合、先方は驚いてしまいます。

そのような失礼がないように、ご招待する方には前もって連絡をしておきます。

招待状には以下の内容を記載します。

【新郎新婦の氏名】【日時】【会場住所・電話番号】【返信期限】
【会費(会費制の場合)】【服装(ドレスコードがある場合)】

そして、以下のような文面を記載します。

【拝啓 皆様におかれましては益々ご清祥のこととお喜び申し上げます。
この度、私達は結婚することとなりました。
つきましては、ささやかながら披露の祝宴をご用意させて頂きました。
ご多用中誠に恐縮ではございますが、ご出席賜りますようお願い申し上げます。
                                  敬具
                      ○○○○年 ○月 ○日 吉日
                                新郎氏名
                                新婦氏名】

上記は例文ですので、礼儀を保ちつつご自身なりのアレンジを加えてみても良いでしょう。

また、現在では上記のように、結婚する当人同士が差出人となることが多いのですが、
両家の父・または母が連名で差出人として出す場合もあります。

その場合は、文面に新郎新婦の氏名が記載されます。

新郎新婦、両家の親の連名で出す場合もあり、その場合は本人同士と親同士が文面を記載します。

手作り招待状の場合に気を付けなければならないのは、『安っぽくならない事』です。

招待状が安っぽいというのは失礼に値することでもあります。

招待状はある程度の質を保つようにしましょう。

人数はどうしよう

一番悩むのが招待客の人数でしょう。

両家の親類や会社の関係者も来ますので、好きなように呼んでいいというわけにはいきません。

また、新郎新婦の友人の人数や親族の人数が同じくらいになるように調節する必要もあります。

近い親族や、会社の上司、特に仲の良い友人から招待客リストに加えていくことで、
両家のバランスも取りやすくなるでしょう。
このサイトの、結婚披露宴の主賓の選び方の解説も参考にするとよいです。

Copyright© 2013 Solution wedding reception All Rights Reserved.